光の心地よいハーモニー 自然光と人工光

EPKセレクション
光の心地よいハーモニー
2020/3/16号


EPK|イー・ピー・ケイ 建築へ寄り添う光ー特注照明器具・海外輸入照明器具・照明計画サポート

朝から晩までの光の移り変わりは人のバイオリズムに寄り添い、心地よさを感じます。
良いバランスで自然光が取り込まれ、人口光が共鳴する、光のリズムが感じられる事例を紹介致します。

第一生命 新大井事業所 エントランス
保険会社の事業所です。中庭の緑を囲む建築デザインで、自然と共生したオフィスビルです。吹き抜けのエントランスでは、上部にスカイライトがあり昼の自然光が取り入れられています。また、そのスカイライトを照らす特注スポットブラケット照明を設置し、自然光でのコントラストがつかないように明るさを加えています。
詳しく見る

EPKブログ|としまエコミューゼタウン 広場
豊島区役所の区民広場です。ファサードの”エコヴェール”に3灯型の特注照明器具を設置し、アジャスタブルな光源で広場の樹木照らしています。昼間の自然光が強い明るさから、夕方にかけて徐々にムーンライトを意識した人口光へと移り変わり、一日を通して広場は憩いの場です。
詳しく見る


EPKブログ|新宿オークタワー ガレリア・エレベータホール
新宿にある高層ビルであるオークタワーのガレリアは、構造が連続したアーチを描く現代的なガラスヴォールト天井が特徴のエントランスロビーとなっています。ガレリアの照明は、太陽光に近い高い色温度で高さを強調して照らし上げる“アッパーライト”と、床への柔らかな光をもたらす色温度の低い間接光の“特注ブラケット照明”を組み合わせ、格調高いロビー空間で降り注ぐ自然光と良いハーモニーとなるように計画されています。
ガレリアから続くエレベータホールでは、スカイライトへの“間接照明”とアッパーライトと一体とした“特注ガラスリングペンダント”によって、日が暮れてもあたかもスカイライトからの光が降ってくるように、且つ、美しくスカイライトを照らし上げています。
詳しく見る

EPK FOCUS|ローズウッドホテルバンコク Rosewood Hotel
タイ、バンコクの文化とダイナミズムが表現されたラグジュアリーなホテルです。ホテルは水上に建てられた都市バンコクに敬意を表して、滝などの多くの“水”の要素があります。水はタイ文化で神聖なものであり、ホテルのテーマの一つです。
ホテルのツインタワーの間に設置された屋外インフィニティプールはその要素の一つで、プール周囲に光のラインが走っています。
この光にLuce&Lightルーチェアンドライト社「Rio Sub」埋込ライン水中照明が使用されました。プールの端を強調しアクセントを加え、ゲストの目を上部のスカイラインに向けています。大きな吹き抜けとなっているタワー間の外部ロビーにおいて、水が受ける豊かな自然光と、水中照明の光と建物のライトアップの静かな間接光が、緩やかなバランスで内部へと誘っています。

詳しく見る

お問合せ

株式会社イー・ピー・ケイ
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL 03-3266-0006 FAX 03-3266-0123
Website: www.epk.co.jp
mail:info@epk.co.jp

   

メールマガジン登録はこちらから