足元に広がる光の床

EPKセレクション
足元に広がる光の床
2020/09/15号



EPK|イー・ピー・ケイ 建築へ寄り添う光ー特注照明器具・海外輸入照明器具・照明計画サポート

建築の要素を光らす建築照明として、床面に注目したプロジェクトをご紹介致します。視覚の部分で、壁に次いで床面の演出は非常に重要なものになります。また、照明を床に置くことで、光の重心が下がり、人の意識はヒューマンスケールに落とし込まれて、空間に落ち着きを生みます。

水/ガラス

ゲストハウスの海と繋がるインフィニティプールに浮かぶダイニングスペース。色温度の高くした光床が浮遊感を演出しています。現在は、ATAMI海峯楼として宿泊施設となっています。

詳しく見る

佐川美術館

美術館の池からアッパーライトで軒先を照らす光とともに、足元に一直線に伸びた間接照明で照らされた外部通路。研ぎ澄まされた建築に一層の静閑な美しさを増します。
こちらは、国際照明デザイナーズ協会(IALD)最優秀賞を受賞しています。
詳しく見る

EPKブログ|埋込LED照明器具-ポイントで導く光

埋込照明の小さな光で導く器具はインジケーターライトとして演出されます。“LED光源”で極小の開口器具が可能となりました。コンラッドモルディブのブリッジでは、WIBRE社 4.0011、Φ35mmの埋込器具の足元を照らす光がゲストを誘います。

詳しく見る

EPK FOCUS|ヴィスラン大通り ポーランド

川沿いの遊歩道の再開発に、シームレスで柔らかな拡散光タイプの屋外床埋込ライン照明Luce&Light社 Rio Sub(リオ サブ)が、モニュメントの前の舗装に埋め込まれました。この遊歩道は、洪水の影響を受けるため、特に水中での使用に適した器具(IP68)を選択する必要があり、Rio SubはIP68の防水性能(水中)を持つ水陸両用のライン床埋込照明器具です。
詳しく見る

EPK FOCUS|ホテルマリオット・マーキス ワシントンDC

ワシントンDC中心街に位置するホテル、マリオットマーキーズのエントランス前をFILIX社の床埋込照明「SQP100 Paver (ペヴァ―)」が華やかに演出しました。Φ39mmからのサイズバリエーションの床埋込LED照明シリーズは車載耐荷重となっていて、車寄せにも問題なく使用できます。
詳しく見る

お問合せ

株式会社イー・ピー・ケイ
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL 03-3266-0006 FAX 03-3266-0123
Website: www.epk.co.jp
mail:info@epk.co.jp

   

メールマガジン登録はこちらから