空間に付加価値を与える照明計画のサポート

プロジェクトに応じた照明サポート業務例
  • 現場調査(既存物件現場調査および新築物件での周辺調査など)
  • 図面調整(配灯図、断面図、納まり詳細図など)
  • 照度計算、容量計算、システム系統図
  • 器具イメージ作成(建築の空間CGへの追加調整など)
  • 実験サポート(実際の現場での照明実験実施、モックアップ器具製作など)

建築内部およびランドスケープなど空間全般において、デザインの有用は常識的になって参りました。
建築家、ディベロッパー様、またユーザー様においても高く意識されています。
その中で光の与える影響は実に大きいものです。色温度、照度、グレアなど、どれかひとつでも照明でのマイナスの箇所があると空間が全く活きません。
建築照明において照明器具品質はもちろんのこと、器具の選定・配置等の照明計画がなされることが重要な要素となります。
EPKは照明計画サポートにおいても、建築デザインを活かし、より豊かな空間価値を提供しております。

EPKの照明プロセス

大規模なプロジェクトから中小規模の物件までお客様のご要望に応じて建築家・工務店・ゼネコン様を細やかにサポートいたします。

1. 企画構想
器具・計画コンセプトの創案。
個々のプロジェクトの特性から最新の技術を以って常に建築意図に沿った照明器具の提案をします。
2. 基本設計
具体的な器具の選定・仕様書の作成、照明計画図面作成をサポート致します。
素材・器具ボリュームなどの基本的な提案をいたします。
3. 実施設計
サンプルにより素材や器具形状の細部を決定し、建築納まりとの調整をします。
建築や納まりに合わせて半特注・指定色塗装での対応も行います。またモックアップを製作し、実際のスケールでの検討確認をし、必要な強度計算を致します。計画図面においても建築詳細と調整し、照度要求箇所に対して照度計算を行います
4. 施工・監理
器具の製作、および監理業務。
きめ細かく納入までのマネジメントを行います。製作管理、工場検査、特注製作器具の取付監理を行っています。
5. フォーカシング
実際に納めた照明器具は空間を照らしています。
「必要な場所に必要な光を」の考えの通り、アジャスタブル照明器具の照射する方向を調整します。また、調光システムでのシーン調整を行います。
6. メンテナンス
照明器具は消耗に合わせてメンテナンスが必要です。
アクシデントでの破損したパーツの交換・シャンデリアのクリーニングなどのメンテナンスを行います。照明器具寿命は一般に6年~8年とされており、長く使われるものです。メンテナンスに必要な部品・交換器具を保存・対応しています。

適切な照度計算等の技術的バックアップ

複数メーカー器具も照度計算

照明計画では空間にふさわしい照度が求められ、確認されます。
異なるメーカーの器具もEPKではまとめて照度計算を行い、照度のデータを作成いたします。
JIS規格を基準とし、安全基準に則したご提案を行います。